インフォメーション

最終更新日:2017年01月30日(月) 09時07分 [ 印刷ページ ]

公開日:2017年01月23日(月)

英語論文作成セミナー(平成29年3月28日)を開催します

 この度、若手研究者を対象に、英語論文作成セミナーを開催することとなりました。
 つきましては、参加を希望される方は、件名に「英語論文作成セミナー申込み」と記載し、
本文にご所属・お名前・メールアドレスを記入の上、平成29年3月17日(金)17時までに、
URAオフィス宛に(contact-fura@ml.u-fukui.ac.jp)にお申し込み願います。


※定員に達したため、1月27日(金)15時をもって、募集を締め切らせていただきました。
 多数のご応募をいただきましてありがとうございました。


■日程: 平成29年3月28日(火)

■時間:14:00~15:30、15:45~17:15(90分2コマ)
    ※終了後、質疑応答の時間を設けております

■場所:福井大学文京キャンパス(福井県福井市文京3丁目9番1号)
    産学官連携本部 3階研修室

■講師:神戸大学 国際コミュニケーションセンター
    准教授 保田幸子 先生
 ハワイ大学大学院・第二言語研究科にて博士号取得.専門は,第二言語ライティング,
ジャンル分析,アカデミックリテラシー育成のための教授法開発.早稲田大学助手,東京
農業大学助教,九州大学准教授を経て,平成28年10月より現職. 様々な教育機関で幅広い
学習者層にアカデミック・ライティングを指導した経験を持つ.

■対象:英語論文作成の経験が少ない若手研究者
    英語論文作成について明示的な指導を受けたことのない研究者
    英語論文作成の指導について確認したい研究者
    ※博士後期課程の学生の参加も可能です.

■目的:国際的に通用する学術論文を目指してライティング能力をレベルアップする

■定員:30名(先着順)

■形式:レクチャー+ワークショップ

■内容:
 最初に,論文の構成(IMRaD:Introduction, Method, Results, Discussion)を確認しま
す.その後,各セクションでどのようなディスコースが展開されるか,どのような定型句が
使われるか(なぜその定型句が選ばれるか)を実際にモデル文を見ながら学びます.
 1コマ目(前半90分)は「Introduction + Method」について、
 2コマ目(後半90分)は「Results + Discussion」について扱います.

■申込方法:
 件名に「英語論文作成セミナー申込み」と記載し、本文にご所属・お名前・メールアドレス
を記入の上、contact-fura@ml.u-fukui.ac.jpにメールください.

■申込み締切:平成29年3月17日(金)17時 募集は終了しました。



情報発信元

URAオフィス
(平成29年2月改組により産学官連携本部 研究統括部門 研究企画・管理部)
メール:contact-fura@ml.u-fukui.ac.jp
電話 : 0776-27-9775(内線2842)

このページのトップへ